一筆一筆に生への限りない悦びがあふれる、書家・岱華の書

たいかどう

長寿のお祝い

豆知識

主な賀寿(長寿のお祝い 早見表

数え年齢

由 来

お祝いの色

61歳

70歳

77歳

80歳

88歳

90歳

99歳

100歳

101歳

108歳

110歳

111歳

120歳

干支が一巡して、生まれた年の干支に還ることから。

中国・唐の詩人、杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。

「喜」の字草書体は「七」を3つ重ねた形であることから。

「傘」の字が「八」と「十」を重ねた形になることから。

「米」の字が「八」「十」「一」に分けられることから。

「卒」の略字「卆」が「九」と「十」でできていることから。

「百」から「一」を引くと「白」になることから。

100年は一世紀であることから。

100歳以上は、百一賀、百二賀、百三賀…と毎年お祝いします。

「茶」の字は「十」「十」「八十」「八」に分けられることから。

前近代ではここまでの長寿は珍しかったことから。

「皇の字「白」+「王「白は白寿と同様に99歳を表し「王」は「十」+「二

還暦の2倍の年齢であることから。

還暦

(古希)

喜寿

傘寿

米寿

卒寿

白寿

寿(百寿)

百一賀

茶寿

寿(椿寿)

皇寿

大還暦

黄・金

黄・金

白・桃

無色

無色

無色

無色

無色

無色

※地域によって、年齢の設定やお祝い色などに若干の違いがあります。

「還暦の贈り物は赤のちゃんちゃんこ」というのが昔からの慣例ですが、近年では贈られる方のご趣味や嗜好によって必ずしもこだわらない方が多いようです。

その他の賀寿の場合も、特に現代は高齢者も年々若々しくなっていますので、あまり年寄り扱いした品物を贈るのは好ましくないといわれています。

 

・櫛…「苦」「死」を連想させる。

・椿や百合の花…首からボトンと落ちる。

・お茶…よく弔辞に用いられる。

・靴や靴下、スリッパ…足で踏みつけるもの。

・黒一色のもの…「死」のイメージにつながる。

・パジャマ、寝具…「寝たきり」を連想させる。

・ハンカチ…「別れ」のイメージ。亡くなった人の顔にかける「白布」のイメージも。

・その他、縁起が悪いとされているもの、色や形、意味が凶事を連想させるもの、高齢者の心を傷つけるような品物。

※上記は一般に避けた方が無難であると言われているものですが、贈る方との関係性などによっては必ずしもこの限りではありません。

長寿の贈り物のタブー

お祝い金はのし袋に入れ、贈物には熨斗をかけましょう。上段には「○○祝い」「福寿」「敬寿」「賀華甲」等と書き、下段には贈り主のお名前を。また、水引は「蝶結び」のものを選び、

裏の「合わせ」は「下側を上側にかぶせる」ことも忘れずに。

寿(長寿のお祝いのマナー